~iphoneに関する総合的な疑問を解決するワンストップサイト~

menu

iphoneQ(アイフォンキュー)

PR

iPhone7のジェットブラック色の入荷はいつ?→年内は厳しい【在庫表あり】

iPhone7のケースはiPhone6と同じものでも使える?

iPhone7の人気色ゴールドが「ださい」と言われ不人気のワケ

Apple pay対応のクレジットカードは楽天カードが激アツ

【iOS10.1.1】不具合でフリーズが多発中!アプデすべきか否か

iPhone7の色で迷う人必見!色の選び方マニュアルを伝授

【Apple pay】クレジットカードのおすすめ厳選3選!

【iPhone7の色のレビュー評価・感想】ジェットブラック編

【Apple pay】iPhone6とApple watchを連動させてSuica使う方法

iPhone7のブラックとジェットブラックどっちを選ぶべき?

【女性版】iPhone7の色・人気順ランキング!1位は結局…?

iPhone7の色を人気順に並べ替え!一番人気はやはり…?

iPhone7の色でブルー・ディープブルーを手に入れる裏ワザ

【iOS10.1.1】アップデート早くも解禁!不具合がないか検証

【iPhone7】Suica対応のおすすめクレジットカードまとめ

【iOS10.1】シャッター音を無音にする新型の裏技は「コンボ」

iPhone SEと6sの違いを徹底比較!どっちを買うべき?

20160322-43133-9

スポンサードリンク

4インチ最新機種iPhone SEが発売されてしばらく経ちますが、機種変更の際にiPhone6sと迷うこともあると思います。

そこで今回は、iPhone SEとiPhone6sの”違い”について徹底比較してみました。

是非どっちに変えようか迷われている人は参考にしてみて下さい。


スポンサードリンク

1、ズバリiPhoneSEって?

今年はiPhone史上発となる、ナンバリングシリーズ以外のiPhone、その名もiPhone SEが発売されました。
過去2年間のiPhoneは4.7インチと5.5インチのモデル展開がなされてきましたが、ここにきてiPhone5s以来の4インチサイズが復活しました。

なぜこのタイミングで「SE」なるモデルが発売されたのか、ということについては諸説あるようですが、iPhone6からは「サイズアップして使いにくくなった」という声が多く出ただけに選択肢が増えるのは嬉しいことです。

関連記事:iPhone6sをレビュー!実際に購入して分かった4つのコト
slproImg_201510021507461

さて、このiPhoneに付された「SE」は「スペシャル・エディション」の略とも言われています。発売前に噂が浮上した段階では「iPhone5SE」と称されていましたが、発売段階で「5」のナンバリングは消えてしまったようです。
ただ、サイズやデザインは「5s」そっくりですから、iPhone5sのスペシャル・エディションと見るのが分かりやすいかと思います。

2、サイズ違いの操作感を検証

選択肢が増えたことは嬉しいですが、「SE」と「6s」のどちらを選べば良いのかという迷いも生じるかと思います。そこでまずはサイズの違いによる操作感について検証してみたいと思います。

まず明らかな違いとして分かるのは、持ったときの感覚です。「SE」は小ぢんまりとして、手に馴染むように思います。一方「6s」は手に余るオーバーサイズ感があります。
これは片手操作のときに差が出るのですが、「SE」はディスプレイ全体に親指が届くのに対して、「6s」は手の握りを変えるなど、少し無理をしなければ届きません。(もちろん個人差があります。)
この点から、さっと片手で操作したいときの利便性では「SE」が勝っているように思います。

関連記事:【iPhone SEの評価レビュー②】買って良かった4つの凄いトコ
P3317592

ただし、1画面中の表示アイコンの数が違います。「SE」が横4・縦5の計20個に対して、「6s」では横4・縦6の計24個の表示があります。(下段のアイコンは含まず)
仮に、使用頻度の高いアプリが20個以上ある場合、「SE」では次のページスクロールの必要が出てきます。また、画面が広い「6s」の方が動画視聴やゲームが面白いように感じます。
どちらも一長一短です。サイズだけで選ぶのは少し厳しいところです。

3、スペックの違いを検証!

サイズで選べないならば、中身で選ぶしかありません。次はスペックを比較してみます。

まず、動作を司るプロセッサーはどちらも「A9」が搭載されています。カメラも両者とも1200万画素と差はありません。さらに「6s」の売りであった4K撮影機能ですが、「SE」はこれも可能としています。

実はこのiPhoneSE…小さくなっただけで、「6s」とほとんど同じ性能なのです。むしろ、同じスペックで小型化したので消費電力が少なく、「SE」はiPhone史上最高のバッテリー持ちであるとされています。

しかし、ほとんど変わらない中にも、多少の差が認められるものが2つだけあります。それは、インカメラの性能と、3D Touch機能の有無です。
「6s」のインカメラは500万画素あるのに対し、「SE」は120万画素と劣ります。また「6s」シリーズから初搭載の感圧ディスプレイ機能「3D Touch」が「SE」には搭載されていません。

ただ、どちらにしても、機能的な生命線とは言いづらいものですので、ここで選択を迫られると困ります。強いて言うなら、自撮り好きや新機能好きな方には「6s」でしょうか。

関連記事:LINEが提供する自撮りアプリ「egg」が面白いと話題

おすすめはiPhone SE

ここまでどのような差があるのか比較してきましたが、どちらかが一方的に劣っているという感じはありません。では、最後に明闇を分けるものとして基準となるのは、「価格」ではないでしょうか。さっそく見てみましょう。
現時点でのAppleStoreでの価格によると、「6s」の最安値はストレージ16GBのモデルで78800円(税抜)です。一方、「SE」の最安値は、同じくストレージ16GBで47800円(税抜)です。

ここにきてようやく、大きな差が見出だせました。スペックはほとんど同じものですが、31000円もの価格差があります。これは、大きな判断基準になるのではないでしょうか。

「ほとんど同じならどっちでもいいや!」という方には、圧倒的に「SE」の方がお得です。ただし人気で在庫切れが多発しているので、iPhone SEの入荷状況を適宜チェックすることをお勧めします。


スポンサードリンク

PR

iPhone8は待つべき?iPhone7とどっちを買うべきか

【iPhone7】Apple payに楽天カード激推しの理由

【iOS10.1.1】iPhone6/iPhone6sでアップデートして不評を検証

【iPhone7】ワイヤレスイヤホンは純正品が絶対におすすめ

【iOS10.1.1】ダウングレードして以前のバージョンに戻す方法

【女子向け】iPhone7ケースの人気はコレ!女性おすすめTOP3

【iPhone7】カラーの人気色を男性・女性別に整理してみた

iPhone7の発熱が危険?どれくらい発熱するのか調べてみた

iOS10.2のアップデートはいつ?→12月上旬の可能性か

【iOS10.1】バッテリー消耗が異常?iPhone6sで試してみた

【iOS10】ロック解除を以前と同じスライド式に戻す方法

iPhone7対応ワイヤレスイヤホンの使い方&設定方法を解説

Apple watch series 2の在庫/入荷状況まとめ

iPhone7 PlusとiPhone7どっちを買うべきかの答え

【iPhone7の色レビュー評価】ブラック(マット)の感想

iPhone7のジェットブラックで後悔の声続出!理想の色は?

【画像】iPhone7の色の種類・カラーを改めて比較してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

iPhone7の色特集!色選びは全部ココで

iPhone7/7 Plusの人気ケース特集!

iPhone7の色を人気順に並べた結果…

【随時更新中】iPhone SE在庫状況

【iPhone SE】最安値はD・S・aどれ?

iPhone6cの2月発売はデマ?!

「黒金」の入手方法は?

イヤホン端子ホントに消える?

【裏ワザ】Youtubeオフライン視聴方法

今話題の”睡眠計測”アプリ1週間の記録

コンセプト映像のクオリティ高すぎw

iPhoneぴったりオススメの壁紙まとめ