~iphoneに関する総合的な疑問を解決するワンストップサイト~

menu

iphoneQ(アイフォンキュー)

PR

【予約受付中!!】iPhone Xの色・カラーの人気はどっち?画像で比較してみた

iPhone Xの予約/在庫最新状況【au・ソフトバンク・ドコモ】

iPhone8/iPhoneXの色を人気順に並べ替え!人気カラーは?

auのiPhoneXを半額で手に入れる方法!価格&料金プランは?

iPhone8/iPhoneXのスペースグレー色は後悔する?

iPhoneXへの乗り換えはソフトバンクが安い?価格を比較

iPhone Xへの乗り換えをお得に済ませる裏ワザを徹底解説

iPhoneXの手帳型ケースおしゃれ人気おすすめ9選【男女別】

【最新】Apple pay用クレジットカードのおすすめ厳選5選

iPhoneXの予約/在庫/入荷状況まとめ【auショップ編】

iPhoneXの予約/在庫/入荷状況まとめ【ドコモショップ編】

iPhoneXの予約/在庫/入荷状況まとめ【ソフトバンク編】

iPhone8の予約/在庫/入荷状況まとめ【auショップ編】

iPhone8の予約/在庫/入荷状況まとめ【Softbank編】

iPhone8の予約/在庫/入荷状況まとめ【docomo編】

iPhone7 Proのスペック噂まとめ!デュアルカメラ確定?

iPhone7 Proのスペック噂まとめ!デュアルカメラ確定?

スポンサードリンク

次期iPhoneとして囁かれるiPhone7 Proのスペックの噂最新情報をまとめました。


スポンサードリンク

噂その1、ストレージ容量がアップする

まず容量についてですが、 iPhone7 Proはストレージのラインナップに256GBが新規投入されると見込まれています。
また、これまでのストレージラインナップから16GBが削除され、

・32GB
・64GB
・128GB
・256GB

の4種類で展開されると観測されています。
この背景には近年のapp大容量化があるようです。必要最低限のappの活用でも16GBストレージでは容量が足りないといった声もあることから、廃止は必然的な流れといえます。
コスト的にも、フラッシュメモリの価格が安価になってきたということもあり、価格据え置きのままストレージをアップグレードできるのでしょう。
これまでは16GBモデルが最も安価であったことからシェアはありましたが容量に縛られた使用法しかできませんでした。
iPhone7 Proの最低容量が32GBとなると、少し余裕を持った使い方ができそうですね。

関連記事:iPhone7 Proのサイズは大型化に回帰?「Pro」の真意
iPhone7 Proのサイズは大型化に回帰?「Pro」の真意とは

噂その2、デュアルカメラが搭載される

かねてからデュアルカメラの搭載が噂されていますが、この噂が現実味を帯びてきました。
というのは、Appleが「デュアルカメラを活用した3Dマッピングに関する技術の特許」を申請しているというリークが報じられたからです。
これまで、デュアルカメラはどういった機能を持つのか、ということについては全くの想像の話しか出ていませんでした。
しかしここにきて、具体的な使用法についての特許が申請されたとなると、次期iPhoneへの搭載は濃厚といえるでしょう。
ちなみに、今回の特許の内容で可能となるのは「立体的な映像の認識」とされ、カメラを利用した顔認識や動作認識ができるようになるといわれています。

益々iPhoneの画像は進化しそうです。

関連記事:【男性必見】iPhone自撮りで3倍イケメンに盛る”コツ”

噂その3、メモリが更に高速化される

現時点でのiPhoneの最高企画のCPUは「A9プロセッサ」で、6s・6sPlus・SEの3機種に搭載されています。
このCPUは従来の2倍となる2GBのメモリーが内蔵されています。
プロセッサは動作の中枢を司る重要なパーツですが、このメモリ容量が2GBとなり、処理能力が大幅に向上しました。
具体的にいうと、iPhone6の1.5倍のスピードで処理が可能となりました。操作の感度も実際に手にとって比較してみるとその違いは歴然です。
また、最近はiPhone6であってもアプリが落ちることが増えたようですが、6sではそういったことが格段に減りました。

関連記事:iPhone6sをレビュー!実際に購入して分かった4つのメリット

ここまでくると1つの到達点とも思えますが、iPhone7 Proでは更なる進化があると見込まれています。
というのも、iPhone搭載メモリを製造しているサムスンが“新世代メモリ”を開発したからです。これによって、現状のものよりも約30%早い処理ができるようになるといわれています。
また、デュアルカメラ搭載による高度な画像処理に備えて、メモリ容量も3GBになると予想されています。
こうなると、他に類を見ない処理能力を有した端末になることでしょう。

噂その4、ホームボタン廃止→全画面ディスプレイ化

iPhoneのデザインは初代から基本的なコンセプトは変わっていません。タッチパネルと下部中央に位置する円形のホームボタンはiPhoneの代名詞的デザインともいえます。
サイズやサイドボタン、縁取りに関しては御存知の通り変化の歴史がありますが、どのモデルを見てもiPhoneと分かるデザインになっています。
しかし、iPhone7 Proではこれまでにないデザインの変化がある可能性があると指摘されています。それが、“全画面ディスプレイ化”、つまり、ホームボタンが無くなるということです。これによって画面を全面に引き伸ばし、デッドスペースを無くすとの見方がされています。

▼iPhone7 Proのデモ画像
iPhone7 Proのスペック噂まとめ!デュアルカメラ確定?

そして、この変化はiPhone7 Proに搭載されるといわれる防水性能を考えたときに非常に合理的です。少なくともホームボタンからの水の侵入は絶対に防げるからです。

iPhone7 Proは革新的なモデルになるとApple CEOのティム・クック氏は言っています。
ここで挙げたことはまだまだ序の口かもしれません・・・


スポンサードリンク

PR

NURO光の良い評判口コミまとめ!スピードが圧倒的に早い?

iPhone Xの予約/在庫最新状況【au・ソフトバンク・ドコモ】

iPhoneXの在庫状況確認方法【ビックカメラ・ヨドバシカメラ】

【iPhone X】機種変更/乗り換え予約する時の価格【au編】

【iPhone X】機種変更/乗り換え予約する時の価格【ソフトバンク編】

【iPhone X】機種変更/乗り換え予約する時の価格【ドコモ編】

【iPhoneXレビュー】悪い評価・感想・デメリットまとめ

iPhone7の0円一括/0円キャンペーンは嘘?実質料金は?

iPhone8とiPhoneXの違いを比較!どっちがいい?

iPhone8/iPhone8 Plusの最新予約状況【auショップ編】

iPhone8/iPhone8 Plusの最新予約状況【ドコモショップ編】

iPhone8/iPhone8 Plusの最新予約状況【ソフトバンク編】

iPhone8への乗り換えはソフトバンクが安い?価格を比較

iPhone8への乗り換えでお得なのはソフトバンク?安い?

iPhone Xの高画質でダイナミックな壁紙おすすめTOP10

--PR--
2017-04-13 22.34.41
公式サイト ▶︎予約 ▶︎予約 ソフトバンクオンラインショップ ▶︎予約
容量 64GB・256GB
カラー(色) シルバー・スペースグレー
キャリア料金比較 au・docomo・SoftBank料金を比較
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【随時更新中!!】iPhoneXの最新予約状況

iPhone8/Xの色・カラー人気ランキング

iPhone7/7 Plusの人気ケース特集!

「黒金」の入手方法は?