~iphoneに関する総合的な疑問を解決するワンストップサイト~

menu

iphoneQ(アイフォンキュー)

PR

【iPhone7】赤色の購入方法まとめ【Softbank・ドコモ・au】

【最新】Apple pay用クレジットカードのおすすめ厳選5選

【iOS10.3.3】アップデートして不具合がないか調べてみた

iPhone8/iPhone8 Plusの価格を予想してみた【SIMフリー】

【iPhone8】価格を予想してみた【au・ドコモ・SoftBank】

【iPhone8】サイズ・大きさは5インチの全面ディスプレイか

iPhone7s/iPhone7s Plusのサイズは4.7インチで確定か

iPhone7のケースはiPhone6と同じものでも使える?

iPhone7の人気色ゴールドが「ださい」と言われ不人気のワケ

iPhone7のブラックとジェットブラックどっちを選ぶべき?

【女性版】iPhone7の色・人気順ランキング!1位は結局…?

iPhone7の色を人気順に並べ替え!一番人気はやはり…?

iPhone7の色でブルー・ディープブルーを手に入れる裏ワザ

【東京】iPhone正規修理店舗まとめ【渋谷・原宿エリア】

iPhone7の発火の原因は○○?問われる日本での安全性

iPhone7の発火の原因は〇〇?問われる日本での安全性

スポンサードリンク

iPhone7の発火事故がオーストラリアで起きてしまいましたが、その原因は果たして何だったのでしょうか。

日本での安全性・危険性が最も気になるところですが、その部分についても併せて見て行きましょう。


スポンサードリンク

■iPhone7の発火事故がオーストラリアで発生

10月24日にオーストラリアで発生してしまったiPhone7の発火事故ですが、車内での発火爆発だったためかなり悲惨な写真が出回っていますよね。

iPhone7も出火と報道、アップルが調査中
2016y11m02d_112238335

この件に関してアップルは事故の原因を調査中であり、事故の報道から1週間以上たった今でも未だ正式には発表されていません。

しかし今回公開された写真や周りの状況から、発火の原因は以下の2つに限定されるのではと予測されています。

■iPhone7の発火(出火)事故の原因

●発火の原因①:気温

まず挙げられる一つ目の原因は「気温」によるものという見方です。

スポンサードリンク

先ほどの記事によると、この発火事故が起きたのは、オーストラリアの真夏日に近い海岸沿いに停めてあった車の中だったというもの(オーストラリアは夏にサンタクロースがサーフィンをしている絵が有名なように、ちょうど今は夏の真っ只中です)。

真夏の冷房が付いていない車内はハッキリ言ってサウナみたいなものですから、iPhone7本体が非常に暑くなった結果、熱を帯びてしまったというのが考えられる一つ目の原因です。

また、iPhone7の下には燃えやすい生地のズボンが敷いてあったということも、ここまで車内を悲惨な状態にした原因の一つだと見られています。

●発火の原因②:耐水機能

そして考えられるもう一つの原因は「耐水機能」によるものという見方もあります。

ご存知の通りiPhone7にはユーザー待望の耐水(防水)機能が搭載されていて、水に濡れても問題なく使用できるモデルとして製造されています。

関連記事:iPhone7の防水はどこまで大丈夫?お風呂はギリ?性能を検証

しかしこの耐水機能、実はiPhone7の内部の熱を外に出すいわゆる「排熱機能」との両立は非常に困難とされていて、iPhone7の内部に熱がこもってしまうリスクは以前から指摘されていたのです。

今までのiPhoneにこの耐水・防水機能が搭載されてこなかったのも、排熱性との両立を実現することに苦戦していたからだと言われているんですね。

日本で製造されている防水スマホに関しても、この耐水(防水)と排熱性の両立には細心の注意が払われていて、最近話題になった韓国サムスンのGalaxy note7もこの部分への配慮が足りなかったことも原因の一つです。

Appleはその点、今回のiPhone7が防水を持ったデバイスとしては初めてですから、十分な研究を積み重ねられなかったのかもしれません。

■iPhone7の発火の危険性は日本では大丈夫なのか

今回発火事故が起きてしまったのはオーストラリアでしたが、当然日本でも100%と安全とは言い切れないのが正直なところでしょう。

もし仮に危ないと感じたら、iPhone7をすぐに放り投げるぐらいの気持ちは頭の隅のどこかに置いておく必要がありそうですね。。

ただiPhone7を長い時間使用していると、背面のボディの部分が少々熱を帯びてくるという報告もあります。

>>iPhone7の発熱が危険?どれくらい発熱するのか調べてみた

おそらくAppleが今回の発火の原因を特定して、その原因が分かった結果、現在出荷している分を回収して改良を加えたものを再出荷するまでおそらくかなりの月日が経つことは予想されます。

なのでもし今現在iPhone7を購入しようか、機種変更しようか迷われているのであれば、2017年になるくらいまで待った方が無難かもしれませんね…

いずれにせよ、アップルの進展の動向に今後も注視しておきましょう。


スポンサードリンク

PR

iPhone8は待つべき?iPhone7とどっちを買うべきか

iPhone7とiPhone7sの違いを比較!7sを待つべき?

赤色iPhone7に似合う人気ケースおすすめランキングTOP5

Apple pay対応カードはオリコカードがポイント面でおすすめ

格安SIMのiPhoneでテザリングは可能?キャリアとの違いは?か

【最新2017】新型iPad Proは10.5インチで発売日発表は4月か

【iPhone7】ワイヤレスイヤホンは純正品が絶対におすすめ

【iOS10.1.1】ダウングレードして以前のバージョンに戻す方法

【女子向け】iPhone7ケースの人気はコレ!女性おすすめTOP3

【iPhone7】カラーの人気色を男性・女性別に整理してみた

【iOS10】ロック解除を以前と同じスライド式に戻す方法

iPhone7赤色を実際に手にした人の評判まとめ!2ch口コミも

iPhone7 PlusとiPhone7どっちを買うべきかの答え

【iPhone7の色レビュー評価】ブラック(マット)の感想

iPhone7のジェットブラックで後悔の声続出!理想の色は?

【画像】iPhone7の色の種類・カラーを改めて比較してみた

--PR--
2017-04-13 22.34.41
公式サイト ▶︎予約 ▶︎予約 ソフトバンクオンラインショップ ▶︎予約
容量 32GB・128GB・256GB
カラー(色) ジェットブラック,ブラック,ゴールド,シルバー,ローズゴールド, Product RED(赤)
キャリア料金比較 au・docomo・SoftBank料金を比較
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

iPhone7の色特集!色選びは全部ココで

iPhone7/7 Plusの人気ケース特集!

iPhone7の色を人気順に並べた結果…

「黒金」の入手方法は?