~iphoneに関する総合的な疑問を解決するワンストップサイト~

menu

iphoneQ(アイフォンキュー)

スポンサードリンク

iPhoneのタッチパネルが反応しない理由と6つの対処法

iPhoneのタッチパネルが反応しない理由と6つの対処法

スポンサードリンク

大事な時に限って「iPhoneのタッチパネルが反応しない…」なんてことありますよね。

どこかにぶつけたり落としたりしたならまだしも、目立った理由が思い浮かばないこともしばしば。

「iPhone タッチパネル 反応しない」と検索したいにもかかわらず、肝心のiPhoneが動いてくれないのではどうすればいいのか分かりません。

そんな場合に備えて、どのような理由でiPhoneのタッチパネルが反応しないことがあるのか、あらかじめ知っていればその場で対処することも可能です。

そこで今回は、iPhoneのタッチパネルが反応しない理由を6つ紹介し、それぞれの対処法まで説明します。


スポンサードリンク

iPhoneのタッチパネルが反応しない理由

反応しない理由①:保護フィルムとの相性

_2018-12-15 13.25.45-min

iPhoneのタッチパネルが反応しない場合、貼っている保護フィルムとの相性が悪いことが考えられます。

ガラスフィルムなど厚手の保護フィルムを利用している場合に多く見られますので、確認するために、一度保護フィルムを剥がしてタッチパネルを操作してみてください。

iPhoneのタッチパネルは、直接指で触れることを想定して作られているため、あまりに厚手の物を貼ってしまうとその妨げになってしまいます。

保護性能と厚さの両面から保護フィルムを選びたいところです。

関連:iPhone Xの保護フィルム・保護ガラスのおすすめ厳選3選
関連:iPhone6s保護フィルムのおすすめをランキング形式で

反応しない理由②:内部に水が入ってしまった

_2018-12-15 13.25.54-min

iPhoneの中には「IP67等級」という防塵・防水性能をうたっているものもあります。

そのためお風呂などにそのまま持ち込んでいる人もいるでしょう、しかし、Apple側も長時間水に浸けるなどの行為は推奨していません。

お風呂やプールなどに持ち込んだ際、水が内部に侵入し内部の基盤が損傷した結果、タッチパネルが反応しないケースも考えられます。

水が侵入しているかどうかは、iPhone側面の液体侵入インジケーターで水が侵入しているかどうか確認できます。

▼液体侵入インジケーター確認方法
_2018-12-15 13.36.11-min
 

単に水が入っただけで基盤に特に問題がない場合は、ある程度の時間乾かしておくことで元に戻ることもあります。

時間が1時間ほど経ってももタッチパネルが反応しない場合は修理に出すしかないでしょう。

反応しない理由③:ソフトウェアの問題

_2018-12-15 13.26.03-min

iOSが更新されると、iPhoneの画面に通知が来ると思いますが、稀にiPhoneの更新による不具合等でタッチパネルが反応しない場合もあります。

スポンサードリンク

この場合、まずは再起動を行って元に戻らないかどうか確認しましょう。

それでもタッチパネルが反応しない場合は、初期化を行うなどして対処しましょう。

※ただし、初期化をする場合はあらかじめPCとつないでバックアップを取った状態で行ってください。

逆に長期間更新してないことによる不具合でタッチパネルが反応しないことも考えられるので、iOSの更新を放置している方はすぐに更新するようにしてください。

参考:iOS12.1の不具合最新情報!アップデートして確認してみた

反応しない理由④:バッテリーの膨張

_2018-12-15 13.26.14-min

今やスマホがなくては生きていけない人も多いでしょう。

iPhoneを過度に使いすぎることでバッテリーが膨張してしまい、下からディスプレイを圧迫した結果タッチパネルが反応しなくなってしまうケースがあります。

この場合は、タッチパネルが反応しないだけでなく本体が発熱するなど別の危険も考えられるのですぐに対処しましょう。

自分で取り換えることもできますが、Appleの正規代理店に連絡を取って交換してもらうのがベストです。

古い機種を使っている場合は無料交換できる場合もあります。

iPhoneのバッテリー交換はどこでやるべき?直営店はダメ?

反応しない理由⑤:本体が湾曲している

_2018-12-15 13.26.21-min

昔に比べて薄くなっているiPhoneは、ズボンのポケットなどに入れたまま座ったりすると、湾曲してしまうこと原因でタッチパネルが反応しづらくなってしまうことも。

湾曲したiPhoneを元に戻すことはできないので、交換対応になります。

多少お金はかかってしまいますが、安心して利用するためにも交換しておいた方が良いでしょう。

また、日ごろからiPhoneが湾曲しないよう気をつけるのも重要です。

【東京】iPhone正規修理店舗まとめ【渋谷・原宿エリア】

反応しない理由⑥:バックグラウンドによる操作不良

_2018-12-15 13.26.27-min

iPhoneは、一度アプリを利用すると画面を消しても完全に終了するわけではなく、バックグラウンドで常に動き続けています。

そのため、バックグラウンドを放置したままだと待機状態のアプリが溜まってしまい、タッチパネルの操作不良等につながる恐れがあります。

これを防ぐためには、日ごろから使ったアプリはバックグラウンドから削除するようにしましょう。

ホームボタンのあるiPhoneであればホームボタンを2回押す、ホームボタンのないiPhoneであれば画面を下からスワイプするとバックグラウンドの管理画面に移動します。

そこで不要なアプリを下から上にスワイプし、バックグラウンドから削除します。

以上、今回はiPhoneのタッチパネルが反応しない理由と6つの対処法について解説しました。


スポンサードリンク
★こちらの記事もよく読まれています★
--PR--
2017-04-13 22.34.41
公式サイト ▶︎予約 ▶︎予約 ▶︎予約
容量 64GB・128GB・256GB
カラー(色) シルバー・スペースグレイ・イエロー・ブルー・コーラル・Product RED
キャリア料金比較 iPhone XRのau・ドコモ・ソフトバンク価格を比較
--PR--
公式サイト ▶︎予約 ▶︎予約 ▶︎予約
容量 64GB・256GB・512GB
カラー(色) シルバー・スペースグレイ・ゴールド
料金比較 iPhone Xsのau・docomo・SoftBank料金を比較

PR

iPhone XRの色の種類を比較!人気カラーおすすめランキング

iPhone XRの容量の選び方を徹底解説!どれがおすすめ?

Apple Watch Series 4の機能スペック&価格&発売日まとめ

新型AirPodsの発売日はいつ?カラー・色は?値段・価格!

【予約受付中!!】iPhone Xの色・カラーの人気はどっち?画像で比較!

【色は相性次第?】iPhone8の色の種類を比較!人気おすすめカラーは

【やっぱX(テン)?】iPhoneXとiPhone8買うならどっち?違いを比較

【64GB足りる?】iPhone Xの容量はどっちを選ぶべき?おすすめは?

【2019年1月最新】ポケットWiFi無制限で安いおすすめランキング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ついに発表!iPhone XRの新色・カラー人気おすすめランキング【随時更新!】

【2019年1月最新】iPhoneX・iPhone8の最新予約状況【au・SoftBank・ドコモ】

auオンラインショップでiPhone購入する

SoftBankオンラインでiPhoneを購入する

docomoオンラインでiPhoneを購入する

iPhone Xの関連商品をチェック!