~iphoneに関する総合的な疑問を解決するワンストップサイト~

menu

iphoneQ(アイフォンキュー)

スポンサードリンク

新型MacBook air 2018と旧型の違いを徹底比較

新型MacBook air 2018と旧型の違いを徹底比較

スポンサードリンク

冬のボーナス商戦やクリスマス・お正月も過ぎましたが、これから春に向け新たなMacの購入を考えているという方は結構多いのではないでしょうか?

Macと言えばiMacやMac miniなどのデスクトップ機もありますが、忘れてはならないのがラップトップ型のMacBookシリーズ。

特に業界でほぼ初めてとなる薄型軽量構造を採用したMacBook Airは、根強いファンをもつ機種の1つです。

長らくジョブズ時代の設計を踏襲してきたMacBook Airも、昨年(2018年)には待望のフルモデルチェンジモデルが登場。

一方で、従来と同じ設計の2017年モデルも廉価版モデルとして併売されています。

今回は、そんなMacBook Airの2018年モデルと2017年モデルの違いを、徹底比較していきますので、どちらを買おうか迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

新型MacBook Airの色・カラー人気ランキング【2019年最新】
新型MacBook Airのストレージ容量おすすめはどっち?


スポンサードリンク

新型MacBook air2018と旧型の違いを比較

違い①:CPU性能がアップ

_2019-01-19 13.26.56-min

Macに限らず、コンピューターの性能を比較する上で定番となっているのが、ベンチマークソフトによる記録の比較。

国内のApple関連情報サイト Macお宝鑑定団によると、MacBook Air(2018)は2017年モデルと比較して、CPUの性能がおよそ1.2倍アップしているとのこと。

参考:ベンチマーク-Macお宝鑑定団Blog[羅針盤]

PCの性能は、以前は半年や1年開けば2倍以上の性能差となることも珍しくありませんでしたが、今はそこまででもないようです。

ただし、MacBook Air(2018)は従来機より解像度の高いRetinaディスプレイを採用している為、その分CPU側の負担が最初からやや大きく、思ったほど2017年モデルと差が開かなかったという可能性もあります。

よって、外部ディスプレイを接続したクラムシェルモードでの運用時などは、この差がもう少し拡がることもあり得るでしょう。

違い②:Touch ID対応でセキュリティ面も大幅アップ

_2019-01-19 13.27.07-min

新型MacBook Air(2018)では、新たにiPhoneやiPadでお馴染みのTouch ID(指紋認証システム)を搭載しました。

これにより、再起動直後などいくつかのケースを除き、ログイン時のパスコード手動入力が不要となっています。

今まで毎回キーボードから手動入力をされていた方にとっては、このTouch ID対応化は作業をスムーズにしてくれる便利な機能といえるでしょう。

ただし、この2018年モデルだけでなく、Touch ID非搭載の2017年モデルもApple Watchによる自動ログイン機能に対応しています。

よって、既にApple Watchをお持ちの方の場合、Touch IDに対応するメリットはそこまで大きくはないかもしれません。

違い③:T2チップによるH.265グラフィック処理能力向上

_2019-01-19 13.27.14-min

新型MacBook Air(2018)では、CPUとは別にコプロセッサ(サブプロセッサ)として、T2と呼ばれるチップを搭載しています。

これは主にセキュリティの強化を担当するもので、前述のTouch IDもこのT2チップあってのものです(その他、内蔵SSDの暗号化なども担当しているようです)。

スポンサードリンク

さらに驚きなのが、何とこのT2チップ、セキュリティだけでなく一部のグラフィック処理も担当しています。

使用するソフトウェア側がT2に対応している必要がありますが、それをクリアできれば、H.265フォーマットへのエンコードは従来のMacBook Airよりも短時間で処理することが可能です。

ただし編集アプリでフィルターなどを多用した動画をエンコードする場合はT2チップを使わないこともあるので、必ずしも全てのケースで早くなる訳ではない点には注意してください。

このように、動画エンコード系の処理を行うことが多いなら、2017年モデルより2018年モデルの方がおすすめです。

違い④:Thunderbolt3対応による外部拡張性の向上

_2019-01-19 13.27.25-min

MacBook Air(2018)では、従来のUSB-AやThunderbolt2端子に代わり、新たにThunderbolt3(兼USB-C)端子が2つ搭載されました。

このThunderbolt3は、ここ最近のMacで採用が進んでいる新規格の端子で、従来よりさらに高速なデータ転送が可能となっています。

Thunderbolt3接続の外部ディスプレイやUSBよりさらに高速な外付けストレージを使用できるほか、最近増えているThunderbolt3対応のeGPU(外付けGPU)も接続できるので、動画のエンコードなどを行う時だけeGPUを使い処理能力を強化するなんて技も使えます。

普段はあまりやらないけど、たまに動画編集をすることがあるなんて方の場合、2018年モデルの方が良さそうです。

逆に、動画や写真現像などグラフィック系の作業は殆どしないという方は、2017年モデルでも十分でしょう。

違い⑤:美しいRetinaディスプレイを採用している

_2019-01-19 13.27.34-min

MacBook Air(2018)と2017の一番の違いは、Retinaディスプレイ採用の有無です。

もちろん、2017年モデルのノーマルなディスプレイも十分美しいのですが、グラフィック系の作業をされる方やテキスト入力が多い方の場合、Retinaの方がより快適に作業できる可能性があります。

また、最近のWebサイトはRetinaディスプレイなどの高解像度ディスプレイを前提に設計されていることもあり、その場合2017年モデルではレイアウトが崩れるなんてことも……。

MacはiPhoneと違い3年以上使い続けるケースも珍しくないので、初期投資は多少高くなっても、長い目で見ると2018年モデルの方がコストパフォーマンスが良いという方も多いのではないでしょうか?

新型MacBook air2018は動画処理に向いている

今回新型MacBook AIR2018の特徴をお伝えしてきた通り、非常に動画処理に向いたスペックのデバイスであると言えます。

YouTuberなど動画を使ったビジネスを行われている方や動画視聴の機会が多い方は非常に適したデバイスなので購入を検討されてみてくださいね。

新型MacBook Airの色・カラー人気ランキング【2019年最新】
新型MacBook Airのストレージ容量おすすめはどっち?


スポンサードリンク
★こちらの記事もよく読まれています★
--PR--
2017-04-13 22.34.41
公式サイト ▶︎予約 ▶︎予約 ▶︎予約
容量 64GB・128GB・256GB
カラー(色) シルバー・スペースグレイ・イエロー・ブルー・コーラル・Product RED
キャリア料金比較 iPhone XRのau・ドコモ・ソフトバンク価格を比較
--PR--
公式サイト ▶︎予約 ▶︎予約 ▶︎予約
容量 64GB・256GB・512GB
カラー(色) シルバー・スペースグレイ・ゴールド
料金比較 iPhone Xsのau・docomo・SoftBank料金を比較

PR

新型iPad mini 5の最新情報!スペック・カラー・発売日・価格

iPhone XR人気色・カラーバリエーションランキング【男女別】

Apple Watch Series 4の機能スペック&価格&発売日まとめ

新型AirPodsの発売日はいつ?カラー・色は?値段・価格!

【予約受付中!!】iPhone Xの色・カラーの人気はどっち?画像で比較!

【色は相性次第?】iPhone8の色の種類を比較!人気おすすめカラーは

【やっぱX(テン)?】iPhoneXとiPhone8買うならどっち?違いを比較

【64GB足りる?】iPhone Xの容量はどっちを選ぶべき?おすすめは?

【2019年6月最新】ポケットWiFi無制限で安いおすすめランキング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【2019年6月最新】iPhoneX・iPhone8の最新予約状況【au・SoftBank・ドコモ】

auオンラインショップでiPhone購入する

SoftBankオンラインでiPhoneを購入する

docomoオンラインでiPhoneを購入する