~iphoneに関する総合的な疑問を解決するワンストップサイト~

menu

iphoneQ(アイフォンキュー)

スポンサードリンク

Apple Watch Series 6の発売日&機能スペック!待つべき?

Apple Watch Series 6の発売日&機能スペック!2020年待つべき?

スポンサードリンク

2019年9月にApple Watch Series 5が発売となり、常時表示ディスプレイ搭載という目新しい機能を展開しました。

初めてApple Watchを購入する方やSeries5以前のAppleWatchを使用していた人にとっては魅力的なデバイスとなっています。

しかし、いろいろ調べていると既に来年発売となる予定のApple Watch Series6の噂が出ています。

5G実装時代に登場する予定のApple Watchは一体どんなスペックになる予定なのか、現在出回っている噂を4つまとめました。

Apple Watch Series 5を買わずに次のモデルを待ったほうがいいのか徹底解説です。

関連:Apple Watch Series 5&4の違いを比較!発売日・価格・予約状況
関連:Apple Watch Series 5の発売日予想!価格・性能・色カラー


スポンサードリンク

新型Apple Watch Series 6のスペック機能

2020年に登場すると予想される新型Apple Watch Series 6には、以下の機能スペックが搭載される可能性が高いです。

Micro LEDディスプレイの採用

耐水性の向上

血糖値測定スマートバンド

バッテリー持続時間の向上

それぞれ順番に解説して参ります。

Apple Watch 6機能①:Micro LEDディスプレイの採用

_2019-11-17 10.02.47-min

Apple Watch Series 6では、Appleが次世代のApple Watch向けのディスプレイを、現行のOLED(有機ELディスプレイ)からMicro LEDへと切り替える計画があるようです。

Micro LEDはOLEDに比べて省電力で薄型化が可能となり、輝度も高いためApple Watchとの相性は非常に良いとされています。

Micro LEDディスプレイ技術は、超小型のカラーLEDをそのまま並べてディスプレイに使用するというもので、有機ELディスプレイと同様に自発発光しますが、有機ELディスプレイ以上の輝度を実現することが可能です。

さらに部品の劣化が遅く長寿命で、画面の焼き付きも少なくなるというメリットがあります。

これはApple Watch Series5の新機能である画面の常時表示で心配されていた、有機ELディスプレイの焼き付き問題を解決してくれる技術となるので是非とも採用してほしいですね。

Apple Watch 6機能②:耐水性の向上

_2019-11-17 10.02.56-min

耐水性についてはApple Watch Series2で初めて採用され、Series3以降のモデルは水深約50メートルの耐水性を持っています。

次のSeries6ではさらに耐水性能が向上し、スキューバダイビングや水上スキーなどのウォータースポーツでも活躍するようになるかもしれません。

スポンサードリンク

Apple Watch 6機能③:血糖値測定スマートバンド

_2019-11-17 10.03.03-min

アップルがApple Watch用に非侵襲性の血糖値モニターを開発しているという噂は長らくされてきました。

ヘルスケア事業に本格的に参入してきた近年のアップルの経営方針から推測すると、そろそろApple Watchに血糖値を測る機能が搭載されてもおかしくはありません。

既に海外では心拍数を測る機能や心電図機能が実装されていて、米国内の一部の病院では電子カルテ機能も使用できるようになっているので、血糖値が測れるようになる日も近いかもしれません。

日本でも健康志向が高まってきているので、手軽に血糖値チェックができれば嬉しいですよね。

Apple Watch 6機能④:バッテリー持続時間の向上

_2019-11-17 10.03.11-min

2019年発売となったApple Watch Series5では、前作のSeries4よりもバッテリー持続時間が短くなったという指摘の声が上がっています。

これはSeries4までのモデルでwatchOS6へのアップデートをしたデバイスでも上がっている問題で、ハードウェアとOSが絡んだ問題と考えられています。

また、さらにSeries5では常時点灯モードが新搭載されているため、画面の点灯時間が長く、電力消費の原因とされています。

Apple Watch Series6では上述したMicro LEDの採用やOSの改善によってこれらの問題をクリアし、バッテリー持続時間を延ばしてくるのではないかと推測されています。

便利な常時点灯モードを快適に使用するためにもここは是非とも頑張って欲しいところですね。

新型Apple Watch Series 6は待つべき?

ここまでで紹介した噂の中で、現段階で特に嬉しいアップデートと言えるのは噂①の「Micro LEDディスプレイの採用」と噂④の「バッテリー持続時間の向上」の2点です。

どちらもApple Watch Series5で新登場した「画面の常時点灯」をさらに安心で快適に使用できるようにサポートしてくれるアップデートと言えます。

逆に耐水性については、日常生活においては既に十分な性能と言えますし、血糖値については必要だと思う方も限られているでしょう(※法的観点から日本で実装されるかどうかも不明です)。

既にApple Watch Series4を持っている人はSeries5との差が「画面の常時点灯」くらいしかないので、いったん2020年9月発売予定のApple Watch Series 6を待ったほうが良いでしょう。

逆にSeries3以前のモデルを使っていて動作やバッテリー持ちに問題が出てきた人や、まだApple Watchを持っていない人は今のタイミングでSeries5を買うという選択もいいと思います。

▶︎auオンラインショップの予約はコチラ
▶︎ドコモオンラインショップの予約はコチラ
▶︎SoftBankオンラインショップの予約はコチラ

Apple Watch Series6の噂はまだまだ少ないので、これからも新情報は随時チェックしていきます!


スポンサードリンク
★こちらの記事もよく読まれています★
--PR--
2017-04-13 22.34.41
公式サイト ▶︎予約 ▶︎予約 ▶︎予約
容量 64GB・128GB・256GB
カラー(色) シルバー・ゴールド・スペースグレイ・ミッドナイトグリーン
キャリア別在庫状況 iPhone 11 Pro/Pro Maxの予約状況&在庫状況【au・ドコモ・ソフトバンク】
--PR--
2017-04-13 22.34.41
公式サイト ▶︎予約 ▶︎予約 ▶︎予約
容量 64GB・256GB・512GB
カラー(色) シルバー・ゴールド・Product RED・イエロー・グリーン・パープル
キャリア別在庫状況 iPhone 11の予約状況&在庫状況【au・ドコモ・ソフトバンク】
--PR--
公式サイト ▶︎予約 ▶︎予約 ▶︎予約
容量 64GB・256GB・512GB
カラー(色) シルバー・スペースグレイ・ゴールド
料金比較 iPhone Xsのau・docomo・SoftBank料金を比較

PR

iPhone 11/Pro/Pro Maxの予約状況&在庫&再入荷状況

新型iPhone 11の新色カラー人気おすすめランキング【最新】

iPhone 11の予約状況&在庫&再入荷状況【ヨドバシ&ビックカメラ】

iPhone11/Pro/Pro Max予約状況&在庫状況【ヤマダ電機編】

AirPods Proの在庫状況!在庫あり店舗はヨドバシ&ビックカメラ?

【機種変?】【iPhone11vsiPhoneX/8】違い比較!大きさやカメラ

新型AirPods Proの黒色カラーは?予約・発売日・価格最新情報

新型iPad2019のスペック・発売日・価格比較!買い?いつ届く?

【iOS13不具合情報報告】ゲームが動かない&写真アプリ落ちる

【2019年10月最新】ポケットWiFi無制限で安いおすすめランキング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【確定版!】iPhone 11 Pro/Pro Maxの人気色カラーおすすめ最新ランキング

【速報】新型AirPods Proが公式発表!新色カラーバリエーションは…?

【随時更新中】iPhone11/11Pro/11Pro Max予約状況&在庫状況最新まとめ

iPhone11/11Pro/ProMax/Xs/X/8/7/6s大きさ・カメラ性能【徹底比較】

【2019年10月最新】iPhoneX・iPhone8の最新予約状況【au・SoftBank・ドコモ】

auオンラインショップでiPhone購入する

SoftBankオンラインでiPhoneを購入する

docomoオンラインでiPhoneを購入する